佐野薬局

「子育てママのファンも増えています」

佐野誠さん(薬剤師)にお聞きしました

――薬局の紹介をお願いします

 

祖母の代から移転することなく、ずっと地域密着で経営を続けてきました。

 

現在、私の父が経営者兼管理薬剤師で2代目になりますが、 最近は私が店舗のことを任されることが多くなりました。

 

 

――どのようなお客様が多いですか

 

昔から馴染みにさせて頂いている方も多いですが、最近では子ども連れの若い母親も増えてきました。

 

多数の医療機関から処方せんを受けていますが、その中に小児科や婦人科が入っていることが影響しているのかもしれません。

 

――現在のスタッフはどういう構成でしょうか

 

薬剤師の両親と私を含めて計8人の薬剤師で医薬品相談や健康相談に対応しています。

 

あと、私の妻は薬剤師ではないのですが、管理栄養士の資格と2・3類薬を販売できる登録販売者の資格を持っています。

 

なので、栄養相談や軽度の健康相談であれば対応できます。 医薬品や健康についての勉強をよくしてくれているな、と思います。

 

 

 

 

薬剤師が常に相談できるので夜間のニーズが高いですね

――相談の体制がしっかりできていますね

 

平日は夜の9時まで営業していますが、この夜間の相談が意外と多いですね。

 

多分、近所のチェーン店の場合、夜間に薬剤師が不在ということも多いからかもしれません。

 

その点、うちの場合、薬剤師が必ずいるという面で地域から信用を頂いていると実感できます。

 

――相談の際に特に気を配っていることは

 

薬の飲み合わせに関しては特に気を配ってアドバイスをしています。

 

それと飲み残したお薬の処理や飲み忘れの防止などですね。

 

例えば、婦人科系の疾患の方が風邪をひいた場合など、ホルモン剤を中止することなくどのような風邪薬を選べばよいかなど様々な対応が求められます。

 

それと、医療機関の紹介も様々なつながりがあるので、様々なケースに対応できます。

 

――医薬品以外も充実していますね

 

特に化粧品はカウンセリングに力を入れています。資生堂の方にもお手伝い頂き、満足度の高い接客を目指しています。
 

ほかにもベビー用品や介護用品などを揃えており、希望によっては取り寄せにも対応しています。

 

――年齢もまだ若いですよね

 

30代前半です(笑)。

 

三鷹のこの地域で、これからも幅広い世代に支持される薬局作りを目指していきたいと考えています。
 

(インタビュー 2010年1月4日)