穏やかな効き目の植物性便秘薬「新ウィズワン」新CMを発表

ゼリア新薬は3月14日、1月に発売した植物性便秘薬「新ウィズワン」(指定第2類医薬品)のCM発表会を開催しました。

 

CMには、タレントの矢口真里さんと辻希美さんが出演!

 

2人が穏やかな効き目で「自然なお通じを再現する」という同品のコンセプトを明るく伝える内容に仕上がりました。

 

CMは明日15日から全国でオンエアになります。

 

「新ウィズワン」は、1987年から発売している植物性便秘薬「ウィズワン」のリニューアル品です。

 

従来品は、「自然なお通じを再現する」のコンセプトで高い支持を得ています。

 

今回のリニューアルでは、「膨らむ食物繊維」としてプランタゴ・オバタ、「押し出す生薬」としてセンノシドをダブルで配合して、やさしくしっかりした植物の効き目を実現しました。

 

矢口さんは「便秘薬というと少し怖いお薬というイメージですが、新ウィズワンは植物性で優しい効き目なので安心。CMも明るいイメージに仕上がりました」と笑顔でコメントしてくれました。

 

辻さんは出産後、便秘で悩んだ時期があったことを告白した上で「一人で悩んでいる女性は多いと思います。便秘が続くと肌荒れやストレスなどにもつながるので、新ウィズワンで早めの悩み解決を」と笑顔で呼びかけました。

 

同社の調査によると、女性の約6割が便秘を自覚しているのに、5割が「何も対策をしていない」と回答していることが分かりました。

 

その理由としては「薬に頼りたくない」という意識のほかに、便秘薬に対する警戒心や恐怖心もあるようです。

 

同社では、こうした方々に対して「新ウィズワン」は便秘薬全般に対するネガティブイメージを払拭できる商品であることをアピールしていきたい考えです。

 

便秘に悩む方、一人で抱え込まないでぜひ薬局で相談してみて下さい!